日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

nvim-Rの使い方(2018年度版)

投稿日:2018-01-17 更新日:

nvim-Rの使い方(2019年度版)を書きました。2019年現在、nvim-completion-managerは更新されていません。

vimからRを使うNvim-Rですが、まだまだ深化しています。
前回から変更したのは、次の3点。

ncim-Rによる補完

ncm-Rを使えば、Nvim-Rの補完ができる。あまりに便利だったので、deopleteからnvim-completion-managerに乗り換え。python 3が必要なようだが、deopleteが動くなら動くはず。

aleによるチェック

neomakeからaleへ乗り換え。非同期でチェックしてくれるので有り難い。Rも(lintrがインストールされていれば)デフォルトでチェックしてくれる。

初期設定で、ひとまとまりのコードが実行されるようになった

たとえば、次のようなコードがあった場合、これまでは「localleader + l」で、1行ずつRへ送られていた(1行目だけ送った場合は、Rが+表示で待機になる)。

dat <- lapply(jpfile, function(x) {
  read.spss(x, to.data.frame = TRUE, use.value.labels = FALSE)
})

しかし、最近のアップデートで、これが一気に送られるようになった。どちらが使いやすいかは人によると思うが、自分の場合は、一定範囲を選択して、「localleader + l」で順次実行させるという使い方をしていたため、「2行目・3行目が二度送られてエラーが出る」ようになってしまった。この機能をオフにするには、vimrcに下記を追加する必要がある。

let g:R_parenblock = 0

Nvim-Rに関するvimrcは、今のところ以下のような感じ。

" vim-plug
call plug#begin('~/.config/nvim/plugged')
Plug 'roxma/nvim-completion-manager'
Plug 'jalvesaq/Nvim-R'
Plug 'gaalcaras/ncm-R'
Plug 'w0rp/ale'
call plug#end()

" nvim-r
let g:R_assign = 0
let g:R_insert_mode_cmds = 1
let g:r_indent_align_args = 0
let g:R_rconsole_width = 0
let g:R_parenblock = 0

もちろんRstudioの方が便利だとは思うのだが、どうもIDEは性に合わない。vimにハマって抜け出せないので、まだまだNvim-Rにはお世話になると思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

xinitrcの書き方

systemdが226にアップデートされて以降、gnome 3で妙なことが起こるようになりました。具体的には、geditやterminalが起動しないという現象です。 gdmを使ってログインすると問題 …

kernel 4.0.1-1で、Vmware Playerが起動しない

Arch Linuxでカーネルを4.0.1-1にアップデートしたら、Vmware Playerが起動しませんでした。 エラーを見ると、 GCC GNU C Compiler (gcc) version …

棒グラフとヒストグラムの違い

棒グラフとヒストグラムの違いがわからないというコメントを受けることが多いので、どう説明したものかと思っていたのですが、次のような図を書いたら、理解してくれる人が多いような気がしたのでご紹介。 まずデー …

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)に、Arch Linuxをインストールする方法(その2)

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)でLinuxが起動しないという問題の続報です。 この問題は、X1 Carbonだけでなく、Yoga260やT460sでも発生しているよ …

Nexus 9 LTEを購入し、Cyanogemod を導入した!

PDFを読んだり、Kindleを読んだりするためのタブレット端末として、Nexus 9 LTEを購入しました。 タブレットの定番はiPadなのでしょうが、まわりがみんな持っていて面白みに欠けるので、こ …