日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

nvim-Rの使い方(2019年度版)

投稿日:

2019年度のNvim-Rの設定。

ncm2とncm-Rによる補完

ncmがncm2になったので、それに合わせて乗り換え。dplyrの補完にも対応していて便利。ncm-Rを入れれば補完が効くようになる。

aleによるチェックとコード整形

alelintrだけでなくstylerに対応。ちょっと.vimrcに設定が必要だが、コードチェックだけでなく整形もしてくれる。当然だがlintrとstylerも必要なので、事前にRからインストールしておく。

.vimrcは、今のところ以下のような感じ。

" vim-plug
call plug#begin('~/.config/nvim/plugged')
Plug 'ncm2/ncm2'
Plug 'roxma/nvim-yarp'
Plug 'jalvesaq/Nvim-R'
Plug 'gaalcaras/ncm-R'
Plug 'w0rp/ale'
call plug#end()

"ncm2
augroup ALE
  autocmd BufEnter * call ncm2#enable_for_buffer()
augroup END
set completeopt=noinsert,menuone,noselect

" nvim-r
let g:R_assign = 0
let g:R_insert_mode_cmds = 1
let g:r_indent_align_args = 0
let g:R_rconsole_width = 0
let g:R_parenblock = 0

" ale
let g:ale_fixers = {
      \ 'r': ['styler'],
      \ }
let g:ale_fix_on_save = 1

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公開するの忘れてた

今更ですが、「全国学力・学習状況調査の何が問題なのか(その2)」を公開しました。だいぶ前に書いていたのですが、非公開設定にしたまま忘れていた・・・。

全国学力・学習状況調査の何が問題なのか(その1)

いい加減、この問題にケリをつけたほうがいいと思うので、論点を整理しておきます。 そもそも全国学力・学習状況調査は何のためにやるのか? 議論を整理するために、もっとも重要な論点は、これである。いったい全 …

PISA2000から2012までのデータをダウンロードし、csvに変換するPisaDataToCsvを作成した!

タイトルで終わっていますが、pythonの勉強を兼ねて、以前に公開していたスクリプトを修正しました。いろいろ寄り道した分、以前よりはわかりやすいコードになっていると思います。 Python 3が動作す …

RによるPISAの分析(データの準備:続報)

三重大の奥村晴彦氏のホームページにて、RでPISAデータを読み込む方法(PISAデータを読む)が公開されていました。 こちらは、Rubyで読み込んでいるようです(ちなみに私はRubyはサッパリです・・ …

全国学力・学習状況調査を悉皆で実施することの問題点

全国学力・学習状況調査(通称、全国学力テスト)は、対象となる全員を調査する調査方法(いわゆる悉皆調査)で実施されていますが、その問題点について整理しておきます。 悉皆調査の問題点はいろいろありますが、 …