日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

iptablesからnftablesに変更した!

投稿日:

タイトルのまんまですが、ファイアウォールをiptablesからnftablesに変更しました。

きっかけは、sshへの不正アクセス。理由はよくわからないのですが、最近、iptablesをすり抜けてsshへの攻撃が届くようになっていました。

攻撃自体は、ごく単純なブルートフォースアタックで、無視しても問題ないレベルですが、エラーログがガンガン吐き出されるので、とにかく気持ち悪い。調べてみたのですが、自分の知識では原因もわからず・・・。

どうしようかと思っていたのですが、「そうだ、この機会にnftablesを試してみよう!」ということで、nftablesを使うことにしました。

といっても、設定はArch Wikiをもとに、少しアレンジしただけです。

nftablesをインストールし、/etc/nftables.confを書き換え、systemdで起動するように設定した後、サーバごと再起動しました。

とくに何が変わったというわけでもないのですが、正常に動作しているようなので一安心。

nftablesは記述の仕方がシンプルになっていて、素人目にはiptablesよりわかりやすいと思います。

難点は情報が少ないということですが、これはそのうち改善されていくのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

全国学力・学習状況調査を悉皆で実施することの問題点

全国学力・学習状況調査(通称、全国学力テスト)は、対象となる全員を調査する調査方法(いわゆる悉皆調査)で実施されていますが、その問題点について整理しておきます。 悉皆調査の問題点はいろいろありますが、 …

vimtexでuplatexがコンパイルできない(vimtex_compiler_latexmkの設定)

以前からLaTeXの執筆にはvimtexを使っていたのですが、2017年4月頃にアップデートしたらコンパイルできなくなったので原因を探ったときのメモ。 なお、「latexmkでコンパイルはできる」こと …

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)に、Arch Linuxをインストールする方法(その4)

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)でLinuxが起動しないという問題の現状です。 最新のkernel 4.6で、OneLink+ ドックがほぼ安定して使えるようになりま …

nvim-Rの使い方(2018年度版)

nvim-Rの使い方(2019年度版)を書きました。2019年現在、nvim-completion-managerは更新されていません。 vimからRを使うNvim-Rですが、まだまだ深化しています。 …

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)に、Arch Linuxをインストールする方法(その3)

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)でLinuxが起動しないという問題の現状です。 最新のkernel 4.6rc3を試したところ、OneLink+ ドックを繋いだままで …