日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

FactoMineRからベンゼクリの修正割合(Benzecri’s modified rates)を計算する

投稿日:2018-04-05 更新日:

最近、多重対応分析(Multiple Correspondence Analysis)を勉強していた。RではFactoMineRのMCA関数がいい感じである。

ただ、ベンゼクリの修正割合を計算できるというmodif.rate関数(GDAtools)がMCA関数には使えなかったので、その原因を探ってみた。

結論から言うと、modif.rate関数はspeMCA関数(GDAtools)には対応しているが、FactoMineRのMCA関数には対応していないようである。

ということでMCA関数用に修正してみた
(※2018年4月19日追記:途中のQの算出方法を間違っていたので訂正した)。

ModifRate <- function(mca){
  Q <- length(mca$call$quali)
  seuil <- 1 / Q
  e <- mca$eig[, 1][mca$eig[, 1] >= seuil]
  pseudo <- (Q / (Q - 1) * (e - seuil)) ^ 2
  mrate <- round(pseudo / sum(pseudo), 3)
  cum.mrate <- cumsum(mrate)
  return(data.frame(mrate, cum.mrate))
}

使い方。例はFactoMineRを流用している。

library(FactoMineR)

data(tea)
mca <- MCA(tea, quanti.sup = 19, quali.sup = 20:36, graph = FALSE)

ModifRate(mca)

ベンゼクリの修正割合については、次の本のp.39に計算式が載っている。これ一冊で多重対応分析がさくっと勉強できる良書。

なお、いくつか多重対応分析を利用している研究を調べてみたが、Benzecri’s modified ratesの邦訳については、「ベンゼクリの修正割合」だったり、「修正比率」だったり、「Benzecriの修正」だったりと、いまいち安定していないようである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

全国学力・学習状況調査を悉皆で実施することの問題点

全国学力・学習状況調査(通称、全国学力テスト)は、対象となる全員を調査する調査方法(いわゆる悉皆調査)で実施されていますが、その問題点について整理しておきます。 悉皆調査の問題点はいろいろありますが、 …

Nexus 6を購入し、Cyanogenmod 12を導入した!

Google Playの在庫不足で、まったく入手できなかったのですが、ようやくNexus 6が手に入りました。 購入したのは32GB版です。3月11日にGoogle Playで注文し、「4〜5週間かか …

Nexus 6にCyanogenmod 13.0をインストールした!

Nexus 6にCyanogenmod 13.0をインストールしたメモです。軽く考えていたら、まさかの一日作業になってしまいました・・・。 以下、経緯を簡単に。 まず、通常のアップデートを行ったのです …

vimでMplusのinpファイルを書くためのplugin “mplusVim”を作ってみた!

ふだんはRを使って分析をしているのですが、どうしてもMplusを使う必要がでてきました。で、inpファイルを書き始めたのですが・・・。Syntax HighlightingもAuto Indentもな …

vimtexでuplatexがコンパイルできない(vimtex_compiler_latexmkの設定)

以前からLaTeXの執筆にはvimtexを使っていたのですが、2017年4月頃にアップデートしたらコンパイルできなくなったので原因を探ったときのメモ。 なお、「latexmkでコンパイルはできる」こと …