日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

FactoMineRからベンゼクリの修正割合(Benzecri’s modified rates)を計算する

投稿日:2018-04-05 更新日:

最近、多重対応分析(Multiple Correspondence Analysis)を勉強していた。RではFactoMineRのMCA関数がいい感じである。

ただ、ベンゼクリの修正割合を計算できるというmodif.rate関数(GDAtools)がMCA関数には使えなかったので、その原因を探ってみた。

結論から言うと、modif.rate関数はspeMCA関数(GDAtools)には対応しているが、FactoMineRのMCA関数には対応していないようである。

ということでMCA関数用に修正してみた
(※2018年4月19日追記:途中のQの算出方法を間違っていたので訂正した)。

ModifRate <- function(mca){
  Q <- length(mca$call$quali)
  seuil <- 1 / Q
  e <- mca$eig[, 1][mca$eig[, 1] >= seuil]
  pseudo <- (Q / (Q - 1) * (e - seuil)) ^ 2
  mrate <- round(pseudo / sum(pseudo), 3)
  cum.mrate <- cumsum(mrate)
  return(data.frame(mrate, cum.mrate))
}

使い方。例はFactoMineRを流用している。

library(FactoMineR)

data(tea)
mca <- MCA(tea, quanti.sup = 19, quali.sup = 20:36, graph = FALSE)

ModifRate(mca)

ベンゼクリの修正割合については、次の本のp.39に計算式が載っている。これ一冊で多重対応分析がさくっと勉強できる良書。

なお、いくつか多重対応分析を利用している研究を調べてみたが、Benzecri’s modified ratesの邦訳については、「ベンゼクリの修正割合」だったり、「修正比率」だったり、「Benzecriの修正」だったりと、いまいち安定していないようである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デスクトップ環境をXfceに変更してみた!

なんとなくGnomeやめようかな・・・と思って、デスクトップ環境をXfceに変更してみました。 ついでに、NetworkManagerとか、Ibusとか、Evinceとか、代替する方法あるのかなあ?・ …

XfburnでDVDドライブが認識されない!

XfburnでDVDを焼こうと思ったら、DVDドライブが認識されていないというエラーに遭遇したので、その対処法です。 症状は、「DVDドライブは接続済みにもかかわらず、メッセージがでて、ドライブが認識 …

さくらVPSのVNCコンソールの挙動が変(Vimiumが原因)

タイトルで言いたいことは終わっているのですが、chromeプラグインのVimiumを有効化していると、さくらVPSのVNCコンソール(html5)がうまく動きません。vimiumを無効化すると、普通に …

棒グラフとヒストグラムの違い

棒グラフとヒストグラムの違いがわからないというコメントを受けることが多いので、どう説明したものかと思っていたのですが、次のような図を書いたら、理解してくれる人が多いような気がしたのでご紹介。 まずデー …

knitrで複数頁に渡る表を作成する

knitrで複数頁に渡る表を作成する必要があったので、メモです。 と言っても、longtable をセットするだけなのですが。 仮に、longtable.Rというファイルがあったとします。データはTI …