日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)に、Arch Linuxをインストールする方法(その2)

投稿日:2016-04-11 更新日:

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)でLinuxが起動しないという問題の続報です。

この問題は、X1 Carbonだけでなく、Yoga260T460sでも発生しているようで、パッチも作成されています。

すでにt460s用のkernelがaurで公開されているので、これを利用して、X1 Carbon用のkernelを作ることができました。リンク先のものをそのまま使っても良いような気がしますが、関係ないパッチ(0001-sdhci-revert.patch, t460s_mouse.patch)も含まれているので、それは削除してビルドすればOKです。PKGBUILDからパッチの該当箇所を削除するだけでいいので簡単です。

パッチを当てると、ふつうにLinuxが起動します。パッチを当てる前は、kernel 4.5.1にして起動させていたのですが、画面のチラツキやネットワークまわりの不安定な挙動が見られたので、パッチを当てたものを使ったほうが良さそうです。(2016年4月20日追記:パッチをあててもチラツキがありました。kernel 4.6のほうがマシな気がします)。

なお、OneLink+ ドックを試してみましたが、こちらは不安定で常用できる状態ではありません。ディスプレイポートは問題なく動くのですが、電源関係に問題があるようで、まともにシャットダウンができません。kernel 4.6rcも試してみましたが改善しませんでした。まだあまり情報もでていないようので、OneLink+ ドックをLinuxで使うのは難しそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Lenovoのドッキングステーションは何台のディスプレイに出力できるのか?

Lenovoのドッキングステーションを使って、マルチディスプレイ環境を構築するときに気になるのが、同時に何台のディスプレイに出力できるのかという点。2020年現在の情報は、こちらのLenovoのサイト …

xinitrcの書き方

systemdが226にアップデートされて以降、gnome 3で妙なことが起こるようになりました。具体的には、geditやterminalが起動しないという現象です。 gdmを使ってログインすると問題 …

nvim-Rの使い方(2019年度版)

2019年度のNvim-Rの設定。 ncm2とncm-Rによる補完 ncmがncm2になったので、それに合わせて乗り換え。dplyrの補完にも対応していて便利。ncm-Rを入れれば補完が効くようになる …

vimでMplusのinpファイルを書くためのplugin “mplusVim”を作ってみた!

ふだんはRを使って分析をしているのですが、どうしてもMplusを使う必要がでてきました。で、inpファイルを書き始めたのですが・・・。Syntax HighlightingもAuto Indentもな …

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)に、Arch Linuxをインストールする方法(その4)

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)でLinuxが起動しないという問題の現状です。 最新のkernel 4.6で、OneLink+ ドックがほぼ安定して使えるようになりま …