日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

kernel 4.0.1-1で、Vmware Playerが起動しない

投稿日:

Arch Linuxでカーネルを4.0.1-1にアップデートしたら、Vmware Playerが起動しませんでした。

エラーを見ると、

GCC
GNU C Compiler (gcc) version 5.1.0 was not found. If you installed it in a non-default path you can specify the path below. Otherwise refer to your distribution’s documentation for installation instructors and click Refresh to search again in default locations.

となっています。

どうやら、カーネルがgcc 5.10(現行のシステムは4.92)でコンパイルされていることが原因のようです。

どうしたものかと思っていたのですが、フォーラムを見ていると、「自分の環境でカーネルを再コンパイルすれば?」という意見が・・・。

それもそうかと思い、自分でカーネルをコンパイルしました。

Arch Linuxの場合、yaourtを使えば、必要なファイルは簡単に入手できます。

yaourt -G linux
makepkg -s PKGBUILD

しばらく時間がかかりますが、linuxと、linux-headersが作成されるので、pacman -Uでインストールして終了です。

この程度の問題は、そのうち修正されるでしょうが、誰かの参考になるかもしれないので、メモ書きでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Nexus 9 LTEを購入し、Cyanogemod を導入した!

PDFを読んだり、Kindleを読んだりするためのタブレット端末として、Nexus 9 LTEを購入しました。 タブレットの定番はiPadなのでしょうが、まわりがみんな持っていて面白みに欠けるので、こ …

xinitrcの書き方

systemdが226にアップデートされて以降、gnome 3で妙なことが起こるようになりました。具体的には、geditやterminalが起動しないという現象です。 gdmを使ってログインすると問題 …

iptablesからnftablesに変更した!

タイトルのまんまですが、ファイアウォールをiptablesからnftablesに変更しました。 きっかけは、sshへの不正アクセス。理由はよくわからないのですが、最近、iptablesをすり抜けてss …

GComprisがUbuntu 20.04で動かない?

ちょっとしたメモ。 手元のパソコンにUbuntu 20.04をインストールして遊んでいたところ、GComprisのアイコンが表示されないという問題に遭遇。いろいろ調べてみたらQt系の問題のような気がし …

FactoMineRからベンゼクリの修正割合(Benzecri’s modified rates)を計算する

最近、多重対応分析(Multiple Correspondence Analysis)を勉強していた。RではFactoMineRのMCA関数がいい感じである。 ただ、ベンゼクリの修正割合を計算できると …