日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

XfburnでDVDドライブが認識されない!

投稿日:

XfburnでDVDを焼こうと思ったら、DVDドライブが認識されていないというエラーに遭遇したので、その対処法です。

症状は、「DVDドライブは接続済みにもかかわらず、メッセージがでて、ドライブが認識されていない」というもの。

メッセージの内容は下記です。

No burners are currently available

Possibly the disc(s) are in use, and cannot get accessed.
Please unmount and restart the application.
If no disc is in the drive, check that you have read and write access to the drive with the current user

xfburn_no_burns

いろいろ調べてみたのですが、ここに解決策が載っていました。

要するに、udevにxfburnが認識できるようなルールを追加してやればいいということのようです。

具体的な方法は以下。

sudo vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-cd.rules

ここで70-persistent-cd.rulesに、下記を追加します。

ENV{ID_SERIAL}=="BUFFALO_Optical_Drive_xxxxxxx", ENV{ID_TYPE}="cd", ENV{GENERATED}="1"

BUFFALO_Optical_Drive_xxxxxxxの部分は、下記のコマンドで確認できます。

cat /proc/scsi/usb-storage/*

接続しているUSB機器の状況にもよりますが、おそらく下記のようなメッセージがあるはずなので、そこにあわせて書き換えます。

    Host scsi: usb-storage
       Vendor: BUFFALO
      Product: Optical Drive
Serial Number: xxxxxxxxxxxxx

これでOK。再起動すれば、XfburnがDVDドライブを認識するようになりました。

ENV〜の行は、何行書いても良いようなので、複数のDVDドライブを使う場合は、複数書けばOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressの投稿一覧で【この投稿タイプの投稿を編集する権限がありません】と表示される

その他、【プラグインの管理画面にアクセスできない】【ファイルをアップロードできない(この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか?)】等のエラー表示がでていました。 一方で …

Nvim-Rの導入方法(その2)

vimからRを使う場合、Nvim-Rが便利です。 以前にも紹介しましたが、設定をいくつか間違えていたので修正版です。 インストール まず、neovimをインストールする。このとき、deopleteを使 …

awstatsでアイコンが表示されない

私は、アクセス解析にawstatsを利用しています。 なかなか便利なのですが、一つだけ気になっていたのが、アイコン画像が表示されないことです。ほとんど実害はないので半年ほど放置していましたが、この度、 …

vimtexでuplatexがコンパイルできない(vimtex_compiler_latexmkの設定)

以前からLaTeXの執筆にはvimtexを使っていたのですが、2017年4月頃にアップデートしたらコンパイルできなくなったので原因を探ったときのメモ。 なお、「latexmkでコンパイルはできる」こと …

RからMplusを使う(MplusAutomation)

Mplusという統計ソフトウェアがあります。高機能なのですが、いかんせんエディタが残念仕様で使いづらい・・・。 と思っていたのですが、RからMplusを操作するMplusAutomationというパッ …