日々の記録簿

日々のできごとの記録

日記

i3wm + xfce にしてみた!

投稿日:

興味がありつつも敷居が高そうで試してなかったタイル型ウィンドウマネジャーを試してみました。xmonadにいったん挫折したあと、i3wm + Xfce 4を試してみたら、イイ感じだったので、導入方法の記録。ちなみに環境は、Arch Linuxです。

参考にしたサイト

i3wmについては、こちらを見たほうが早い。

インストール

下記のパッケージをインストールする。xfceについては設定が必要なアプリを記載しているが、これ以外のものも使える(はず)。

# i3wm
sudo pacman -S i3-wm dmenu feh
# xfce
sudo pacman -S xfce4-panel xfce4-power-manager xfce4-settings xfce4-terminal xfce4-screenshooter
# pulseaudio-plugin
sudo pacman -S pulseaudio pavucontrol
yaourt xfce4-pulseaudio-plugin

その後、.xinitrcを編集。

vi .xinitrc

.xinitrcに下記を追加。DEは書かなくてもほとんど問題ないのだが、環境変数によってxdg-openの挙動が変わるため記入している。

export DE="xfce"
exec i3

ここで一度startxして、i3wmを起動。この時点では、xfce関連のパッケージがうまく動いていないため、i3wmのconfigファイルを編集。なお、デスクトップの背景は、fehを使って設定している。

vi .config/i3/config

Pulse AudioやScreen brightness設定を追加した他、fcitxやdropboxの設定も追加。一歩で、i3barに関する設定(末尾にあるbar {}のところ)は全部削除。

# Pulse Audio controls
bindsym XF86AudioRaiseVolume exec --no-startup-id pactl set-sink-volume 0 +5% #increase sound volume
bindsym XF86AudioLowerVolume exec --no-startup-id pactl set-sink-volume 0 -5% #decrease sound volume
bindsym XF86AudioMute exec --no-startup-id pactl set-sink-mute 0 toggle # mute sound

# Screen brightness controls
bindsym XF86MonBrightnessUp exec xbacklight -inc 5 # increase screen brightness
bindsym XF86MonBrightnessDown exec xbacklight -dec 5 # decrease screen brightness

# Startup Application
exec --no-startup-id xfce4-panel --disable-wm-check
exec --no-startup-id xfce4-power-manager
exec --no-startup-id fcitx
exec --no-startup-id dropbox start
exec --no-startup-id feh --bg-fill ~/Pictures/background.jpg
# ScreenShot by xfce4-screenshoter
bindsym --release Print exec --no-startup-id xfce4-screenshooter

これでi3wmを再読込(mod + shift + r)すると、i3wm + xfce 環境のできあがり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

perl 5.22とlogwatch

perl 5.22にアップデートしたところ、logwatchに”Unescaped left brace in regex is deprecated, passed through in …

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)に、Arch Linuxをインストールする方法(その3)

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)でLinuxが起動しないという問題の現状です。 最新のkernel 4.6rc3を試したところ、OneLink+ ドックを繋いだままで …

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)に、Arch Linuxをインストールする方法(その4)

Thinkpad X1 Carbon 2016 (4th gen)でLinuxが起動しないという問題の現状です。 最新のkernel 4.6で、OneLink+ ドックがほぼ安定して使えるようになりま …

RからMplusを使う(MplusAutomation)

Mplusという統計ソフトウェアがあります。高機能なのですが、いかんせんエディタが残念仕様で使いづらい・・・。 と思っていたのですが、RからMplusを操作するMplusAutomationというパッ …

Nvim-Rの導入方法

vimからRを使う、vim-r-pluginが、Nvim-Rに変わりました。 Neovimを使う前提ですが、tmuxを使わなくてもいいなど、いろいろ設定が楽になったと思います。 インストール まず、n …